自分に負担を掛けないために老人ホームを利用しよう

介護サービスを利用して快適に暮らしましょう

審査を受ける

有料老人ホームとは、介護が必要な人でも入居が可能な施設です。そこへ入居するには、介護の容態によって審査が行われます。審査が通れば入居開始となり、1人部屋または同室での部屋を用意され、他の入居者とともに生活を送っていきます。家族との面会も可能で、個人の部屋の他にも大勢が集まれる娯楽室のような部屋もあります。 このような有料老人ホームの他にも、高齢者の施設はたくさんあります。有料老人ホームと同じように人気のある施設には、特別養護老人ホームがあります。ここは介護の度合いが重い人でも入居ができることや、比較的利用料が安いことから入居希望者が多くいます。 こういった高齢者施設は満室状態が多く、入居希望者が空き部屋を待っている事態が目立つようになりました。この対策として、国や民間でも新たな施設づくりを目指してる状況です。

この有料老人ホームを利用する場合は、その費用を調べておくことが大切です。有料老人ホームは施設内の設備が充実していて、食事などのサービスが良いことも特徴です。そのため、費用も高価な施設が多いのです。 まず入居するには、初期費用を払わなければいけません。これは入居の一時金となり、大きな費用となります。施設によっては何百万円単位のところもありますが、そういったところは豪華な施設となっています。一般的な施設として、賃貸物件の初期費用と同じ程度であることが多いです。そして月々の費用は、15万円〜20万円といったものが相場です。これには、食費などの生活に必要な費用がほとんど含まれているので、決して高いとは言い切れません。 このようにだいたいの相場を知って、予算内に合う有料老人ホームを探していきましょう。